2011年03月31日

トゥルーグリットを観ました。

朝一に見に行くつもりが寝坊…

結局14時30分からの回で観ました。

監督コーエン兄弟 「トゥルーグリット」

002.JPG

新宿武蔵野館…たまには小さな映画館もイイ。

…で感想…面白かった。少なくとも僕にとっては。まあ最後の終わり方はコーエン兄弟らしく尻つぼみ感はあるけれど。ここまでくるともはや美学なのか…

ジェフ・ブリッジがとてつもなくカッコいい!渋い!もういい年のはずだけど、とにかくカッコいい!!これはアカデミー主演男優賞とるだけはあるわ!いやマジで。

ヒロインのヘイリー・スタインフェルドがイイ。この若さでこんなに芝居ができたらどうなっちゃうのってな感じ。この映画でアカデミー助演女優賞とってます。納得。

マット・デイモンは…まあちゃんと脇役をこなしていたかな。可もなく不可もなく…

なんて偉そうに言っても仕方がないが…

全体的に完成度の高い西部劇だった。ストーリーもシンプルでわかりやすい。コーエン兄弟式エンターテインメント西部劇。そうあくまでコーエン兄弟式…でもこれではアカデミー作品賞は無理みたい。これも納得。
コーエン式である限りは無理でしょう。まあこれがこの監督兄弟のいいところなんだけど。

今回は製作がスピルバーグだからこれだけ見やすくなってるんだろうなーと正直感じた。

…まあ万人には勧められないけど、役者や映画好きにはおススメ。

最新作情報でソフィア・コッポラ監督の最新作が4月に公開との情報…たしかsomewhereだったかな。きになる。ロスト・イン・トランスレーション以来好きなんだよね。この監督。
…これも観たいな。

posted by シゲル at 02:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。